長崎街道 内野宿

  • 2013/09/28(土) 01:02:16

久留米から築上町に行くのに筑紫野から国道200号で冷水峠を越えた。峠を越えて飯塚市に入ったところに内野宿がある。長崎街道は小倉から長崎に至る脇街道であった。この街道で冷水峠が最大の難所だったとか。今は長大なトンネルが抜けて車ならラクに越えられる。

国道からほんの少し入ったところに旧街道が並行している。
P9239208
P9239208 posted by (C)オトジマ

古い街並や建物がズラリと並んでいる、という訳ではない。
数軒の旅館の跡がかろうじて残る。旅籠の跡に案内看板だけが立っているというのは大分の今市宿にも似ている。

明治初年に建ったという150年ほど前の建物だが、ほとんど廃屋と化していてもったいない。なんとか整備できないものか。
小倉屋という質屋だったとか。江戸期には伊能忠敬測量隊一行が宿泊したという。
P9239214
P9239214 posted by (C)オトジマ

旅籠・肥前屋跡。内野宿の展示館となっている。
P9239221
P9239221 posted by (C)オトジマ

旗はこの奥の寺のもの。これは仏旗というそうだ。全国、どころか世界の仏教の統一旗らしい。一瞬創価学会の旗かと思ったが、創価学会旗はこの上半分だけである。
P9239206
P9239206 posted by (C)オトジマ


P9239209e
P9239209e posted by (C)オトジマ
上の地図で見るとこの宿は街路がT字型になっていて一本の道が筑豊本線を越えて山のほうに伸びている。昔は筑豊から大宰府に参る山越えの道があったという。現在は使われず、車も越えないらしい。その道沿いに「内野の大イチョウ」という巨木がある、というので寄ってみた。

「大宰府天満宮米山越道」の石柱。元禄・嘉永期の奉納。
P9239211
P9239211 posted by (C)オトジマ

この道が大宰府に至る道。古い建物は残ってない。
P9239224
P9239224 posted by (C)オトジマ

ヒガンバナとソバの花の向こうに大イチョウ
P9239236
P9239236 posted by (C)オトジマ

巨木というのは近くからは写真に収まらず、遠くから撮るとスケール感がわからない、というふうに撮影が難しい。とにかく巨大な木であるのは間違いなく、黄色く色づく頃には見物客が多いらしい。
P9239244
P9239244 posted by (C)オトジマ

イチョウの根方には薬師堂がある。
P9239228
P9239228 posted by (C)オトジマ

堂内の仏像。木像である。
P9239232
P9239232 posted by (C)オトジマ

イチョウの根方の仏達
P9239230
P9239230 posted by (C)オトジマ

内野宿のマンホール
P9239243
P9239243 posted by (C)オトジマ

筑豊線内野駅。
P9239247
P9239247 posted by (C)オトジマ

内野宿遠景。山の向こうが大宰府
P9239249
P9239249 posted by (C)オトジマ height=img src=http://photozou.jp/photo/show/207044/188052276

※DTI閉鎖にともない、ブログ移転してます。以下にどうぞ。FC2の「一歩 日豊 散歩」

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

ul class= name=%edit_name tabindex=%url