豊後森の街並

  • 2013/09/29(日) 19:26:48

玖珠の市街地から耶馬溪方面に国道387号をやや行くと藩政時代の趣を残す街並がある。森藩には城がなかったので城下町とは言えないのかもしれない。

国道沿いにあった教組の建物もなかなかレトロ。かつては何らかの公的施設だったものを払い下げしてもらったものか。ネットで調べてもよくわからない。
P9229050
P9229050 posted by (C)オトジマ

草ボーボーなので一瞬廃屋か?とも思うが、中を覗くといかにも労働組合の事務所風。大分県は日教組の牙城だったなぁ。
P9229045
P9229045 posted by (C)オトジマ

ネット上でよく見るショットがここ。いかにも古い街並。
P9229053
P9229053 posted by (C)オトジマ

石畳が整備された街並。三島公園に続いている。
P9229062
P9229062 posted by (C)オトジマ

江戸時代の建物はない。明治に大火があり街全部が燃えたという。明治の建物もあまりないのかもしれないが、レトロ感ただよう通りではある。
P9229056
P9229056 posted by (C)オトジマ

P9229060
P9229060 posted by (C)オトジマ

薬店は建物は新しいがレトロ感を演出している。
P9229058
P9229058 posted by (C)オトジマ

旧郵便局。現在はカフェ。手前のオニは「童話の里」にちなむ。
P9229061
P9229061 posted by (C)オトジマ

久留島記念館。森出身の口演童話家、久留島武彦に関する展示がある。
P9229057
P9229057 posted by (C)オトジマ

久留島武彦(1874年生)という名も「口演童話家」という奇妙な肩書きにもなじみがない。玖珠町が「童話の里」を名乗っているのはこの久留島武彦の出身地だからである。街のあちこちに和洋各種の童話のキャラクターの看板やら人形やらが散らばっている。高速道路からは大きな赤鬼が出迎えてくれる。

img074
img074 posted by (C)オトジマ
かといって久留島武彦が桃太郎や金太郎を創作した訳ではない。口演童話家として各地で子ども達に童話を語り続けた人である。その他、雑誌を出したり東京で幼稚園を経営したりボーイスカウトを作ったり、と多彩な活動をした。詳しくはコチラで。

しかし、興味深いのはこの久留島武彦は豊後森藩最後の藩主・久留島通靖の孫であること。世が世ならお殿様なのである。しかし彼は大分中学時代にアメリカ人宣教師S・H・ウェンライトと出会い、大きな影響を受け、キリスト教の洗礼を受けた。それにより久留島氏一族の籍を抜けたので、爵位もないとかという話。元来はいかに小藩とはいえやんごとなき身分のお方なのである。

久留島の著作
P9229070
P9229070 posted by (C)オトジマ

久留島の経営した東京の早蕨幼稚園の冊子
P9229068
P9229068 posted by (C)オトジマ

久留島の墓は久留島家代々の菩提寺、安楽寺にある。
P9229122e
P9229122e posted by (C)オトジマ

下の案内板によれば、久留島は東京で活躍した人だが「故郷の大岩扇山の見えるところに墓を作り、その上に仏を乗せよ」みたいな遺言をしている。戒名もしっかりある。ということは中学の時に入信したキリスト教は晩年には離れたのだろうか。
P9229123
P9229123 posted by (C)オトジマ

三島公園の下に「わらべの館」がある。郷土玩具の展示場や町立図書館がある。とくに驚くようなものはない。背景にある大岩扇山のほうがよほどインパクトが強い。さぞ景色の良さそうな山だが、山頂は平になっていて牧場があり、あまり展望はきかないとか。
P9229100
P9229100 posted by (C)オトジマ

●お知らせ●
3年間愛用してきたこのDTIブログが突然閉鎖されることになりました。利用者にしてみればジェジェジェ!!!、と晴天の霹靂。アメリカ資本のサイトだからかクールに前触れもなく12月で閉鎖です。
おかげさまでこの間15万ほどのユニークアクセスをいただきました。DTIブログ内のランキングでは10位台にいました。まぁ、国内ではマイナーなブログサービスだからでしょうが。アクセス解析が便利で使いやすいサイトだったので残念です。

ということで、F2Cブログに引越します。当分両サイトに並行して同じブログ名で同じ記事を書きますが、もしブックマークに登録されている方はコチラに切り替えていただけたらと思います。今後ともよろしくご愛読お願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

ul class= name=%edit_name tabindex=%url